恵庭の農業

恵庭市の農業は稲作と酪農を中心に発展をとげました。稲作は「寒冷地稲作発祥地」という歴史を背景に、おいしい恵庭産のお米として、消費者から高い評価を得ています。
 酪農も古い歴史を持ち、現在も道内トップックラスの優良牛生産地帯となっています。近年は環境負荷を減らすため、家畜の糞尿をたい肥化する施設の整備や草地の改良など、循環型の環境整備が進んでいます。
 また、野菜や花苗などの収益性の高い「都市近郊型農業」も盛んです。野菜は特別栽培(減化学肥料・減化学農薬)や生産者名の表記など、安全安心やクリーン農業をテーマに多品目の野菜が作られ、消費者の幅広い支持を得ています。

恵庭の農業

恵庭市の農業は稲作と酪農を中心に発展をとげました。稲作は「寒冷地稲作発祥地」という歴史を背景に、おいしい恵庭産のお米として、消費者から高い評価を得ています。
 酪農も古い歴史を持ち、現在も道内トップックラスの優良牛生産地帯となっています。近年は環境負荷を減らすため、家畜の糞尿をたい肥化する施設の整備や草地の改良など、循環型の環境整備が進んでいます。
 また、野菜や花苗などの収益性の高い「都市近郊型農業」も盛んです。野菜は特別栽培(減化学肥料・減化学農薬)や生産者名の表記など、安全安心やクリーン農業をテーマに多品目の野菜が作られ、消費者の幅広い支持を得ています。

恵庭の農業

恵庭市の農業は稲作と酪農を中心に発展をとげました。稲作は「寒冷地稲作発祥地」という歴史を背景に、おいしい恵庭産のお米として、消費者から高い評価を得ています。
 酪農も古い歴史を持ち、現在も道内トップックラスの優良牛生産地帯となっています。近年は環境負荷を減らすため、家畜の糞尿をたい肥化する施設の整備や草地の改良など、循環型の環境整備が進んでいます。
 また、野菜や花苗などの収益性の高い「都市近郊型農業」も盛んです。野菜は特別栽培(減化学肥料・減化学農薬)や生産者名の表記など、安全安心やクリーン農業をテーマに多品目の野菜が作られ、消費者の幅広い支持を得ています。

春の訪れとともに

北海道の長い冬が終わり、春が訪れる4月に、「かのな」は営業を始めます。
気温の上昇とともに品数は増し、徐々に活気を見せ始めます。

春の訪れとともに

北海道の長い冬が終わり、春が訪れる4月に、「かのな」は営業を始めます。
気温の上昇とともに品数は増し、徐々に活気を見せ始めます。

春の訪れとともに

北海道の長い冬が終わり、春が訪れる4月に、「かのな」は営業を始めます。
気温の上昇とともに品数は増し、徐々に活気を見せ始めます。

6月になれば

6月になれば、店舗前スペースは花苗や野菜苗で埋め尽くされます。
花と野菜、トマトとバジルなど、工夫を凝らした寄せ植えのプランターも目を引きます。

6月になれば

6月になれば、店舗前スペースは花苗や野菜苗で埋め尽くされます。
花と野菜、トマトとバジルなど、工夫を凝らした寄せ植えのプランターも目を引きます。

6月になれば

6月になれば、店舗前スペースは花苗や野菜苗で埋め尽くされます。
花と野菜、トマトとバジルなど、工夫を凝らした寄せ植えのプランターも目を引きます。

そして、暑くなるころには、

人気のスイートコーンがお目見え。店舗前スペースの臨時売り場で販売する「ゆできび」をお客さんが丸かじりする光景は、この時期の風物詩となっています。
もちろん、店内は夏野菜であふれます。その中で、トマトなら「桃太郎」「アイコ」「シシリアンルージュ」などと表示し、選べやすく配慮しています。気に入れば次は品種名を目印にできるし、口コミでも伝わります。

そして、暑くなるころには、

人気のスイートコーンがお目見え。店舗前スペースの臨時売り場で販売する「ゆできび」をお客さんが丸かじりする光景は、この時期の風物詩となっています。
もちろん、店内は夏野菜であふれます。その中で、トマトなら「桃太郎」「アイコ」「シシリアンルージュ」などと表示し、選べやすく配慮しています。気に入れば次は品種名を目印にできるし、口コミでも伝わります。

そして、暑くなるころには、

人気のスイートコーンがお目見え。店舗前スペースの臨時売り場で販売する「ゆできび」をお客さんが丸かじりする光景は、この時期の風物詩となっています。
もちろん、店内は夏野菜であふれます。その中で、トマトなら「桃太郎」「アイコ」「シシリアンルージュ」などと表示し、選べやすく配慮しています。気に入れば次は品種名を目印にできるし、口コミでも伝わります。

秋の味覚をどうぞ

少しおくれて、特産のカボチャも出荷が始まり、さまざまな品種が売り場をにぎわします。

北海道野菜の代名詞・ジャガイモとともに、11月の営業終了まで売り上げを支えるのです。

秋の味覚をどうぞ

少しおくれて、特産のカボチャも出荷が始まり、さまざまな品種が売り場をにぎわします。

北海道野菜の代名詞・ジャガイモとともに、11月の営業終了まで売り上げを支えるのです。

秋の味覚をどうぞ

少しおくれて、特産のカボチャも出荷が始まり、さまざまな品種が売り場をにぎわします。

北海道野菜の代名詞・ジャガイモとともに、11月の営業終了まで売り上げを支えるのです。

Copyright かのな応援サイト制作委員会. All Reserved